データ作成の注意点

print

細かな色使いはしない

格安チラシ印刷業者が登場してきたことにより、印刷にかかる費用が格安になったことから気軽にチラシ印刷ができるようになりました。格安チラシ印刷はデータの作成は自分で行い、メールを使ってデータ入稿をするのが基本なので、印刷データに関しては何があっても利用者の責任になります。そこでチラシ印刷に使用するデータの作成は注意深く行う必要があります。作成するデータは印刷業者が指定したスタイルである必要があります。ほとんどの業者が受け入れることができるスタイルもありますが、やや専門性が高いソフトウェアを使う必要があります。印刷業者の中には、汎用性の高いソフトウェアのデータを受け付けているところもありますので、そのようなソフトウェアでチラシのデザインをする場合には、業者選びは慎重にするようにしましょう。誤字脱字のチェックは格安チラシ印刷業者では一切行っていません。チェックはサイズと余白のチェックを行う程度で、入稿データをそのまま印刷することになります。印刷データをデザインするときには微妙な色使いは使用しないようにしましょう。モニターで見る色と印刷で仕上がってくる色は微妙に異なります。使用する用紙によっても色の出方が変わり、色のついた用紙を使った場合には大きく色彩が変わってきます。文字に関しても使っているフォントは使用しているPCに依存して、フォントがない場合には別フォントに置き換えられて印象が大きく変わってしまいます。文字を図形化するアウトライン化をしてデータを作成するようにしましょう。

Copyright© 2018 格安業者でお得にチラシ印刷【チラシ印刷の基本はネットで注文】 All Rights Reserved.